【18禁】一緒にイこう

ラブドール写真のあるエロ小説本番, 私服, 下着

【18禁です。以下には,露骨な性的表現があります】

躊躇することなく自らの下衣を脱ぎ去り,僕は僕自身を露出させる。
舞衣の絶頂を見届ける間に僕の中心部は内側から燃え上がり,その火口からはマグマのように熱い液体が漏れ出てきている。避妊具をつけてもなお脈動を止めることのない僕の活火山を,ベッドに仰向けになったままの舞衣の中心部に,あてがった。
「ひぁあん!」
僕の先端が舞衣のクリトリスに当たり,舞衣は声を上げる。
舞衣はすでに深部の大切なスポットを刺激されて絶頂を迎えたばかりで,体中が敏感になっているのがよくわかった。
僕はその声を封じるように舞衣の唇をふさぐ。
舌で舞衣の唇の裏を撫で,歯茎を刺激する。
「んふっぅううん,ふぅん」
キスをしながら舞衣が喘ぐ。口腔内すら性感帯になった舞衣の美しいからだが,くねくねと身悶えしている。
「はぁっ・・・せんぱい,今日,やばいよ・・・」
いつもにも増してとろけそうな舞衣の声が,甘美に僕の鼓膜を撫でる。絶頂を迎える感覚を自覚したことで,体に眠っていた性感がよりいっそう解放されただろうか。
僕は舞衣にもう一度軽くくちづけをし,たくましく膨張した自分の本体を,舞衣の膣内に挿入していく。
「あぁぁあ・・・ああぁあっ」
舞衣が分泌する温かな粘液にいざなわれて,僕は舞衣の深部に向かって進んでいった。舞衣を初めて抱いた夜とは全く違い,舞衣の身体は僕をスムーズに受け入れていく。やがて深部に到達すると,舞衣の身体がビクビクと震えだす。
「はぁあ・・・あぁっ,先輩,しびれちゃうよ・・・」
舞衣の内部は温かく僕自身を包み込み,ヒクヒクと脈打つ。中にヒダヒダを蓄えた舞衣の名器は僕の陰茎に絡みついては圧迫し,僕の性感を絶えず刺激してくる。僕も,少し動けばイッてしまいそうな感覚がした。
「舞衣・・・俺もなんか,今日はやばいよ」
「どうしたの?」
「舞衣がイッてるのを見て,もう俺もすごい感じちゃってる」
「・・・・!!」
舞衣の顔が紅潮し,すぐさま視線が僕から逸れる。それを見届けて,僕はゆっくりと抽送を開始した。
「あぁあん,あんっ,あんっ!」
ピストンに合わせて,舞衣からいつもよりボリュームの大きな声が漏れる。
予想どおり,僕のペニスから伝わってくる性感もいつもより大きい。本来,いわゆる早漏ではないはずだが,舞衣の美しさ,しおらしさ,健気さ,そしてそれと対比されて際立つ淫靡さが一度に襲ってくれば,ひとたまりもなかろう。
「あんっ,あんっ,あんっ」
リズムのよい甘美な歌声に酔いしれながら,快感に溺れそうになる。
舞衣の真っ白なブラウスを捲って,サックスブルーの美しい下着に包まれた豊かな胸を露出させる。
胸を揉み,腰を振ると,舞衣も艶やかに反応する。
「あああぁぁあん・・・ああぁ,あぁぁん,あんっ!あん!」
美しく鳴く舞衣を眼下に,ピストンを続ける。
抽送を始めて数分もたたないうちに,僕は下腹部にこみあげてくるものを感じていた。
「うぉっ・・・舞衣・・・」
抽送をいったん止め,舞衣を抱きしめる。
「先輩・・・?」
「はぁ・・・はぁ・・・危ない,出ちゃいそうだったよ」
そういって舞衣ににこりと微笑みかけると,舞衣も微笑みを返してくる。
「先輩,いいのに,出しても」
男たるものそういうわけにもいかないのだが・・・と思っていると,舞衣が言葉を重ねてくる。
「あの・・・先輩は・・・男の人は,最後に出す時が一番気持ちいいんだよね」
「うん,そうだよ」
「それが,男の人の,『イク』ってこと?」
「・・・うん,そうだね」
「じゃあ,先輩も,私とするときには,毎回,イッてくれてたんだね」
「うん・・・すごく気持ちいいからね」
セックスというのは,男女互いのためのものだ。しかし,男女平等ではない。男は毎回わかりやすい快楽を得るが,女性は必ずしもそうではない。女がイカないセックスはきっとしばしばあるが,男がイカないセックスは,少ない。舞衣のちょっとトンチンカンな質問は,舞衣の健気さをよく表していて,とてもいとおしかった。
少しの会話を経て落ち着き,再び僕は腰を動かした。
「あぁあ・・・あんっ,あんっ!!」
舞衣の身体はピストンのたびにピクピクと震えている。僕は抽送のスピードを上げる。
「あんっ,あっ!だめっ,せんぱいっ!あぁぁあっ!」
敏感になった舞衣の身体が波打つように跳ねる。パンパンと腰を打ち付ける音と舞衣の美声のハーモニーが,脳の快楽物質分泌を活性化させる。ゾクゾクとする快感が,体中を駆け巡る。
「ああっ,ダメ,ダメ,んんんっ,あはっぁああ!」
舞衣は舞衣で,おそらく限界が近いように見える。
僕は,抽送をよりいっそう激しくしながら,舞衣に向かって叫ぶ。
「ああっ!舞衣,一緒に,一緒にイこう!」
「あんっ!ああっ!先輩,わたしも,わたしも一緒にイキたい・・・・!!」
もう限界だ。
僕は一層激しく腰を舞衣に打ち付ける。全身が震え,下腹部からこみ上げてくる抗えない快楽の渦に飛び込んでゆく。

ラブドール セックス

「ああっ!あんっ!!ああんっ!!ダメっ,せんぱいっ!!!」
「舞衣っ!もう,俺も,イクよ!」
「あんっ!あああっ,気持ちいい!ダメ,あぁぁあっ,私,イっちゃぅぅっ!!」

ものすごい快楽が体中を走り,一瞬後,僕のペニスがドクドクと舞衣の中で脈動する。
そのまま舞衣にもたれかかり舞衣を抱きしめると,舞衣も両の腕で僕にしっかりとしがみついてきた。
初めて知った言葉を叫びながら絶頂を迎えた舞衣の身体は痙攣し,小刻みな震えが舞衣の身体から伝わる。
気づけばお互いの身体からは汗が吹き出し,汗と体液で蒸れた湿気が小さなワンルームの部屋を包んでいった。
シャンプーのフローラルな香りと生々しい肉体の匂いが混ざり僕の嗅覚を刺激する。視界がぼんやりとし,僕は未だ快楽の渦中と思われる舞衣の横へ,そのまま倒れこんだ。

「舞衣,気持ち,よかったね・・・」
「うん・・・はぅっ・・・気持ち,ぁんっ,よかった・・・よ・・・」
舞衣の身体を見やると,まだ痙攣が止まらず,体の深部からじわじわと快楽が湧き上がってきているようだ。
「よかった」
僕は舞衣に声をかけると,その唇に軽くキスをした。

 

 

はだけた衣服を整え,舞衣は出発の準備をする。
舞衣は実家で暮らしている。門限は早く,親も口うるさいそうだ。
レースをまとった白いブラウスと,明るい色の花柄スカートが春を演出している。
髪をかき上げ,整えた舞衣から,フローラルなシャンプーの芳香が漂う。

ラブドール 画像

(そりゃ,これだけ非の打ちどころのない美少女が娘だったら,口うるさくもなっちゃうよな)
そんなことを考えながら,僕も出かける準備をする。舞衣を最寄り駅まで送るためだ。
「じゃ,駅まで一緒に行こう」
「うん」
言葉が一往復した後,目が合う。
同じ響きの言葉に,おそらく僕も舞衣も,先ほど激しく交し合った言葉を思い出していた。
少し恥ずかしそうに目をそらした舞衣に軽くキスをし,僕たちは玄関を出た。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
当ブログをご覧いただき,ありがとうございます!
もし,私のブログを気に入っていただけましたら,お気に入り登録,twitterフォローなど,よろしくお願いします!
また,もし私のブログを支援いただける稀有な方がいらっしゃいましたら・・・このブログに貼ってあるリンク先から商品を購入していただくと,私にちょっとしたお小遣いが入ってくる仕組みになっているので,もしよろしければお願いします・・・!!

DUGA

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite