テニス焼けボディ自作(その1 ボディ制作編)

ワンルームでラブドールを愛でるラブドール関連情報, テニス焼けボディ

さて,前回の記事で,テニス焼けボディの自作を宣言しました。

今日はこの進捗をレポートします。

用意したのはこちら。
エアストッキング

一つ目は,エアーストッキングというやつです。この計画を企ててTwitterなどで相談したりする中で初めて知りました。要するにスプレーのようになっていて,液体ファンデーションが散布される仕組みです。カラーは,一番濃い「ブロンズ」を選択。
二つ目は,パウダータイプのファンデーションです。これも色の濃いオークル03を採用。
三つめは,セザンヌのミックスカラーチークです。これはもともと顔のメイク用に買っていたものですが,使えるかもしれないと思って準備しました。
あとは,コンビニで通常のファンデーションと,クレンジングオイルを準備しました。

ホワイト肌

さて,この真っ白な肌に日焼け跡をつけていきます。

まずは失敗してもよいように足元から。
足に靴下をはかせて,エアーストッキングを散布。
テニス焼け 足
いい感じです。
ただ,このエアーストッキング,少し遠い距離から少しずつかけていくのが無難だと思います。
集中的に肌にかかってしまうと色が一か所に濃くついてしまうので,ムラになってしまいます。
どうしてもムラになってしまったところは,ベビーパウダーを塗るときに使うために買っておいたパフを出してきて,平均的に伸ばしていきます。ところで,これ,普通に脚にかけて使う女性がいるわけですよね。どうやってムラにならないようにしているんだろう・・・あと結構飛び散ります。下に新聞紙を引いて汚れないようにトライしましたが,やはり周りが汚れてしまいますね。

腕にも散布。
テニス女子焼けになるよう,しっかり日焼けさせます。
テニス焼け 腕
余計なところにかからないよう,少量を散布してはパフで慎重に塗っていきます。

少しやりすぎてしまった個所や,白くすべき部分についてしまったファンデーションなどをクレンジングオイルとタオルで取りながら,進めていきます。

同じように首周りにも散布。
正面の体が塗り終わって,後ろ側も同じように塗ろうとしたところ,表側の作業の時にボディの下に落ちていたファンデーションなどが裏側に付着し,結構裏側が汚れてしまっていました。
そこで,クレンジングオイルを垂らし,水とせっけんを付けたタオルで奇麗にふき取ろうと作業していたところ・・・・

大きなミス。
この作業のために漫然とボディ背中側を上にしたところ・・・・ボディ正面側は下側で,その下には新聞紙。これと,クレンジングオイルの混ざったせっけん水が垂れ落ちて,なんと,新聞紙のインクとファンデーションが混ざり合った色でボディ正面がかなりひどく汚れてしまいました・・・・!!(その時のボディ全体写真は,あまりにもグロテスクすぎて貼れません笑)

血の気が引きましたが,とりあえず冷静になり,色移り除去剤とラップで包んで,ひとまず放置。

しかし,落ちません。
落ちません。。。
これは大失敗か,と思いましたが,ダメもとでクレンジングオイル+タオルで除去をトライ。

すると,すごいです。
みるみる落ちます!たぶん化粧品の汚れだけではないのに,みるみる落ちます。
before(before)
after(after)

感覚的には,クレンジングオイルをつけて擦ると,吸着したファンデーション部分が剥がれて,固まって取れる感じです。
これは,(原因にもよるでしょうが)色移り除去などにも応用できるのではないか?と思います。
実際,たぶんこの汚れはファンデーションだけじゃなくて,新聞のインク(塗料)も含んだ汚れだと思いますので。

さて,汚れた個所をごしごしと擦りまして(結構大変でした・・・・),一応テニス焼けボディが大まかに完成しました。

いまから画像を貼ります。
私は,このボディを塗りながらいろいろな意味で大変興奮しておりました。
ですが,このボディが,一般的な美的感覚をお持ちの方には美しいとは思えない代物であることも自覚しております。
場合によっては,グロテスクとすら思えるような感想を持たれるかもしれません。
それでも,それでも僕は好きです。
では,どうぞ。

 

 

 

 

 

じゃん。
「気持ち悪い」と思った方~~~~~~??

さて,ちょっとムラが激しいですし,色が結構赤みのある茶色で,もうちょっと健康的な感じが欲しいところです。
また,日焼けと白肌の境目がはっきりしていないので,日焼け跡感が今一つです。
そこで,少し黒くなりすぎてしまった部分を化粧落としで落としながら,先ほどのパウダーファンデーションを使います。

パウダーファンデーションは,確かに濃い色ですが,ブロンズのエアーストッキングよりは黄色めの色味です。

同時にラップを使って境界線を作り,日焼け跡がくっきりとするように調整します。
余談ですが,日焼け跡はやっぱりくっきりの方がエロいし,それっぽいですよね。
こんな風になりました。

同様に,肩回りも。

さきほどの写真よりも,ナチュラルな色味になりました。

そうこうしてできたのが,これです。

まだ色ムラがありますが,先ほどの写真よりも,奇麗な出来になったのではないかと思います。

多少の色ムラや白肌部分の汚れは,むしろリアリティを高めるものとして肯定的にとらえております。

いかがでしたでしょうか?
まあ,反省点は多くあります。
もっとこうしたら・・・という感想もあります。

次回以降,
「その2 ヘッドペイント編」
そして
「その3 反省編」
の3本立てでお送りしたいと思います!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
当ブログをご覧いただき,ありがとうございます!
もし,私のブログを気に入っていただけましたら,お気に入り登録,twitterフォローなど,よろしくお願いします!
また,もし私のブログを支援いただける稀有な方がいらっしゃいましたら・・・このブログに貼ってあるリンク先から商品を購入していただくと,私にちょっとしたお小遣いが入ってくる仕組みになっているので,もしよろしければお願いします・・・!!

DUGA

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite