テニス焼けボディ自作(その3 反省編)

ワンルームでラブドールを愛でるラブドール関連情報, テニス焼けボディ

2回(これこれ)にわたって,テニス焼けボディの自作について書いてきました。
オーダーと異なる白いボディが来てしまったことを好機に新しいチャレンジができ,自分としては満足しています。
が,誠に結果論的ではありますが,いろいろ今振り返って見ると反省点も多くあります。

1,色について

結構日焼け感を出そうと思い,「ブロンズ」のエアーストッキングを選びました。
このブロンズのエアーストッキング,とても濃い色で,かつ,赤みの強めな色味でした。
茶色は赤の要素と黄色の要素がありますが,黄色人種の健康的な日焼け肌の再現だと,黄色みが強い色をセレクトするのが美しいと思います。赤色要素が強いと,ちょっと不健康な感じに見えてしまうと思いますし,ムラも目立ちやすい気がします。
次に新しく同じことをするなら,もう少し黄色系の色味を選びます。粉のファンデーションの色味は良かったですね。
個人的には日焼け跡のコントラストがくっきりしていたほうがエロいと思いますが,色の濃さももう少し薄めでもよかったと思っています。

2,塗り方について

これが一番アホでした。
下に新聞紙などを引いて,裸のボディを塗っていったのですが,やはりここは丁寧に不要なテニスウェアを準備して,その上からペイントしていくのが正解でした。
裸に塗りにいったせいで,(記述した大きなミスはともかくとして)作業中にやはり白くすべき部分に茶色ファンデの粉が飛び,それをクレンジングオイルで落として,という無駄な作業が生じました。
ただ,一つ個人的には思わぬ収穫があって・・・というのも,汚れてはふき取り,汚れてはふき取り,という作業を繰り返している中で,いい感じに,白くすべき部分も少し染みがあったり,色の濃淡があったりといったリアルな感じになったことです。
これがもし服を着せて本当にくっきりとペイントした場合,白い部分はまっさらな人工の白い肌のままということになり,むしろ不気味な感じになってしまっていたかなと思うところもあります。もちろん仮定の話なので,分かりません。

3,部屋について

部屋中が褐色になりました(笑)
ドール用の白い布団は茶色くなってその面は使えなくなりましたし,とにかくそこら中にあるものがだいたい褐色になりました。おそろしいのは,自分の手足についても気づかないんですよね。濃い茶色とはいえ,粉にしたら肌に紛れるので。で,自分の手や足の裏についたものをペタペタと転移させてしまい,壁も床もファンデーションだらけになってしまいました(化粧落としで必死に拭きましたがまだ残っています)。
もし次回同じことをすることが仮にあれば・・・
ブルーシートを部屋に敷き詰めてそのうえで作業しますね笑

というわけで文字ばかりの投稿になってしまうのもアレなので,テニス焼けボディのグラビアを貼って終わりたいと思います。
なお,最近,日焼けボディのムラをきれいに見せるため写真のレタッチを研究しています。
これも,また機会があればご紹介します。
少しでも私の経験が日焼け跡好きの助けになれば幸いです(同じことしようと思う人はいないか・・・笑)。

日焼け グラビア

テニス焼け グラビア

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
当ブログをご覧いただき,ありがとうございます!
もし,私のブログを気に入っていただけましたら,お気に入り登録,twitterフォローなど,よろしくお願いします!
また,もし私のブログを支援いただける稀有な方がいらっしゃいましたら・・・このブログに貼ってあるリンク先から商品を購入していただくと,私にちょっとしたお小遣いが入ってくる仕組みになっているので,もしよろしければお願いします・・・!!

DUGA

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite