【18禁】男の人の味

ラブドール写真のあるエロ小説フェラチオ, 私服

【18禁です。以下には,露骨な性的表現があります】

舞衣の口元が,僕のペニスの先端に近づく。

私服 フェラ

暖かなピンク色のニットを捲り,その形のいい胸を露出させたままの煽情的な恰好の舞衣の口元が,寝そべった僕の体から天井をめがけてそそり立っている亀頭に触れる。
舞衣は軽く亀頭にキスをし,そのまま僕のペニスをチロチロと舐め回した。
「あぁっ・・・」
思わず息が漏れる。フェラチオを覚えてまだいくばくも経たないにも関わらず,日に日に,確実に,その舌遣いは僕の性感を高めるようになっていた。
「舞衣,上手だよ・・・」
チロチロと亀頭を舐め,今度は裏筋を舐め上げた舞衣と目が合い,僕はつぶやく。舞衣はニコッと笑い,今度は右手を竿の根元に添えて,ゆっくりとしごき出した。じわりとした快感が体中に広がる。僕の表情を楽しんでいる舞衣に向かって,僕は少し大げさにあえいで見せる。でもそれは半分以上嘘ではない。舞衣の愛撫は未熟だが,いとおしい気持ちが性感を何倍にも高め,僕にとってはすでに極上なのだ。
舌がペニスを這い,絡み,唾液が僕自身の愛液と混ざって音を立てる。
手による陰茎の愛撫はゆっくりと,柔らかな快感を伝えてくる。
そろそろ僕のペニスが舞衣の口腔を欲してくる,その瞬間を見計らったように,舞衣は口を大きく開けた。
リップグロスが塗られ,ピンク色にプルンと輝く着飾った唇に,グロテスクな肉棒が少しずつ飲みこまれてゆく。

私服 フェラ

暖かで柔らかな感触が僕の男性自身を包み込む。じゅるりと音を立てながら,舞衣は口の中で僕の亀頭を舐め回し,吸い上げた。
「うぁああ・・・」
舞衣の唇が僕の竿を掴み,そのまま上下運動が開始される。口の中では舌が複雑に動いて絡みつき,一気に性感が高まってくる。最初のフェラチオの時に初々しく当たっていた歯の感触はもう感じられず,口腔全体がぬるぬると脈動する卑猥な女性器のように滑らかな感触を生み出していた。
ゾクゾクと走る快感の中で,僕は舞衣の頭を撫でた。舞衣は愛撫を続けたまま,こちらを向いて目を細めて喜んで見せる。じゅるじゅると音を立てて吸いあげたかと思えば,唇の圧を強めて上下運動を早める。口の中で亀頭をほおばってチロチロと先端を弄びながら,手を使って竿をしごく。舞衣なりに,いろいろな快感を僕に伝えようとしてきているのが分かる。快感が変化するたび僕は情けない声を上げ,舞衣は微笑む。そんな時間がしばらく続く。僕は聞いてみた。
「舞衣,こんな風に男のコレを舐めるの,嫌じゃない?」
もちろん嫌という答えを予測していたわけではないが,汚い男性器を口に入れることは,ふと我に返って常識的に考えれば誰も好んでするようなことではない。が,舞衣は不思議そうに,いったん口を離してこちらを見た。
「え,全然,嫌じゃないよ」
「そっか」
「っていうか,むしろ・・・ちょっと,好きかも」
突然の舞衣の淫らな告白に僕も少し戸惑う。
「え・・・?そうなの」
「うん・・・だって,先輩が気持ちよくなってるの見るの,うれしいんだもん」
舞衣は続ける。
「わたしはいつも恥ずかしい側だけど,これしてる時だけ・・・立場が逆転する感じ」
そう言われ,僕も少し恥ずかしい気持ちになった。たしかにこれまで,セックスではほとんど舞衣はされるがまま,僕が責め,舞衣が受ける形がほとんどだった。僕も決して性経験が多くはないが,うぶな舞衣をいつもリードしようとしてきた。だけれども,舞衣はそれだけを求めているのではないようだ。
「俺も舞衣に責められて気持ちいし,恥ずかしい。あと嬉しい」
「えへへへっ」
僕がそういうと,舞衣がさらに嬉しそうに,声を上げながら微笑んだ。
舞衣が愛撫に戻る。やわらかな口が僕のペニスに吸い付き,じゅるじゅると音を立てて上下動を繰り返す。僕の言葉に喜んでいる舞衣の気持ちの高揚を示すように,先ほどまでより激しく,口と手の圧迫が強まっていく。同時に淫らな口腔部の中で舌が裏筋を這い,繊細な快感をも伝えてくる。

私服 フェラ

激しい快楽の波に,僕の体は耐えられなくなりそうになる。僕の深部から,ゾクゾクとした別次元の快楽が押し寄せ,快感を放出せよとの指令が出るまで,もうまもなくとなった。
「舞衣っ・・・あああぁっ」
僕の声を聴き,舞衣は更に愛撫のスピードを上げた。舞衣の頭が上下に振れ,心地よい香りが漂ってくる。
舞衣の右手はぎゅっと握られ,テニスで鍛えたグリップ力が僕を射精にいざなう。
「舞衣,出る・・・っ!!」
大きな快感を感じ,僕は舞衣に終わりを告げる。本当ならば,舞衣は口を離して僕が射精し,舞衣はそれを見届けるはずだっただろう。
でも僕には,したいことがあった。
僕は舞衣の頭を押さえつけた。舞衣の頭は僕の力の方向とは反対にかかっているのを感じたが,それでも僕はそれを止めなかった。
「ああっ!!」
叫びとともに,僕の陰茎は脈動し、僕のすべてが尿道を駆け上がる。
そして、舞衣の口腔内めがけてそれは炸裂した。
「ん,ん,んんん・・・っ!?」
舞衣は何か言っているが,構わず僕は大量の自分自身を舞衣の口腔内にドクドクと放出し続けた。

強烈な快感が通り過ぎ,ふと我に返る。
「ま,舞衣,ごめん!すぐ出してね,口から」
謝るなら最初からしなければいい,そんな批判をされたらなすすべもないが,行為中に翻意するのは,明らかに無理であった。舞衣は,自分の左手を目の前に出して,そのままそこに口の中の真っ白な粘液を吐き出す。

私服 口内発射

私服 口内射精

舞衣の掌に、僕の真っ白な体液で水たまりができてゆく。
(ゴホッ,ゴホッ)
舞衣は軽くせき込みながら,僕をにらんだ。
「なんで,口の中で・・・」
頭を押さえつけられたまま大量の精液をはじめて口の中に放出され,舞衣は戸惑いと怒りの視線を向けてくる。
言い返す言葉がなく何も言わないでいると,舞衣はさらに続けた。
「出す前に言ってよね。びっくりするから」
「ごめん」
「ううん・・・」
そう言って舞衣の表情が少し変わる。戸惑いと怒りの表情から,今度は,とろんとした目の恍惚とした表情に。
「先に言ってくれれば,別にいいんだからね」
男の欲望の一つである口内射精を,受諾する言葉。
「男の人の味って,こんな感じなんだね」

いっぱい出たね

そう言って舞衣は,口の中に残った味を思い出すように少し口を動かした。
「どうだった?」
「なんか,苦くて・・・あったかくて,でも,甘いような」
僕の精液であるというバイアスがどれくらいかかっているのかはわからないが,男の汚い汁を大量に出された後とは思えないほど,優しい感想が述べられた。
舞衣は、それを丁寧にティッシュペーパで拭きとると、僕に身体を預け、ぎゅっと抱きしめてきた。
「生理の日でも,家デート・・・・楽しかったよ」
窓からは,奇麗な夕日の温かい光が差し込んできていた。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
当ブログをご覧いただき,ありがとうございます!
もし,私のブログを気に入っていただけましたら,お気に入り登録,twitterフォローなど,よろしくお願いします!
また,もし私のブログを支援いただける稀有な方がいらっしゃいましたら・・・このブログに貼ってあるリンク先から商品を購入していただくと,私にちょっとしたお小遣いが入ってくる仕組みになっているので,もしよろしければお願いします・・・!!

DUGA

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite