ラブドール写真のあるエロ小説テニスウェア, 話の先頭, テニス焼けボディ

バシッ!
強烈な炸裂音とともに,ネットの向こうにいるアヤがラケットを振りぬく。
放たれたそのショットは,私の右側,コートの奥深くめがけて鋭く向かってくる。
わたしはフォアハンドを構えながら,走る。しかし,一歩目 ...

ラブドール写真のあるエロ小説話の先頭, 私服

今日は舞衣と家デートの約束だった。
家デートといえば聞こえはいいが,要するに,家に来てもらってセックスをする。そういうことだ。
もちろん,家でたわいもない話をしたり,ゲームをしたり,一緒に食事を作ったりするのは楽しい。 ...

ラブドール写真のあるエロ小説テニスウェア, 話の先頭

春が過ぎ,気温が温かくなってきた。
秋には1年で一番大事な団体戦が控えている。
わたしはテニス部のエースとして,全部の試合に勝つことを期待されている。
これから暑い夏が来るけど,でも,これからの頑張りが勝負なん ...

ラブドール写真のあるエロ小説テニスウェア, 話の先頭

「先輩の家の近くで試合があるんだ!」
そんな話を聞いたのは1週間前だった。
舞衣は大学に自宅から通っているが,僕の家はそこからは少し離れたところにある。
普段の部活帰りに僕の家に来るというのは難しいが,今日は比 ...

ラブドール写真のあるエロ小説話の先頭, 私服

「おじゃまします」
舞衣はていねいにそう言うと,履いていたパンプスを脱ぎ,つま先を玄関に向けて整えた。
やっぱりこの子は育ちがいい。
今日の舞衣は,白い長そでのニットにグレーのフレアなミニスカート。
大 ...

ラブドール写真のあるエロ小説話の先頭

つい3か月前までは,名字に「さん」付けで呼び合う関係だった。
それが今,僕は彼女と手をつないで隣を歩いている。
思えば,彼女ができるのも数年ぶりだった。大学を出て,名もない会社で経理の仕事をする普通のサラリーマンとして ...